ミニミニトリップのロゴ

夏の知床観光

知床は北海道東北部にある知床半島の総称である。その景観は大自然の息吹、美しさなど、圧倒的なスケールを感じることができることから、北海道有数の観光地ともなっている。2005年にはユネスコの世界自然遺産として登録された。

知床の川にはオホーツク海からサケ、カラフトマス、サクラマス、オショロコマが上ってくる。それらを餌としてヒグマやシマフクロウ、オオワシ、オジロワシなど大型の哺乳類や猛禽類、海棲哺乳類、海鳥など様々な生きものが知床には生息している。北方系と南方系の野生生物の混生、海域と陸域の自然環境の融合によって、知床は豊かな生態系を形成している。

また、火山活動によって形成された知床連山、山麓を覆う原生的な森林、切り立つ海岸断崖、多様な湿原・湖沼など様々な景観が凝縮され、優れた自然美を有している。

知床までは札幌から鉄道、バス、飛行機で行くことができる。札幌からはバスツアーも催行されている。知床の主要な観光スポットは、知床五湖、カムイワッカ湯の滝、フレペの滝、オシンコシンの滝、知床峠、プユニ岬、オロンコ岩、夕陽台で、知床八景として紹介されている。

ウトロ港からは知床岬までの観光船が就航しており、知床の壮大な風景、鮭を追う熊、群れをなすイルカなど、観光クルーズが楽しめる。

せっかくの知床観光をより充実したものにするには、経験と知識が豊富な現地ガイドによる知床自然体験プログラムに参加するのがお勧め。トレッキング、カヤック、シーカヌーなど自然の中のアクティビティも用意されている。

環境省知床国立公園ウェブサイト

知床自然センターウェブサイト

知床斜里町観光協会ウェブサイト

知床半島

体験内容:自然景観
所在地:北海道東部
最寄駅:JR網走駅、JR知床斜里駅、女満別空港
駅からの行き方:駅及び空港からバス

知床五湖

体験内容:自然景観
所在地:斜里郡斜里町
最寄駅:JR知床斜里駅
駅からの行き方:バスで1時間25分

羅臼湖

体験内容:自然景観
所在地:羅臼町
最寄駅:JR知床斜里駅
駅からの行き方:バスで2時間&徒歩1時間

What's new?

当社紹介

よくあるご質問

ご相談・お問合せ

ご意見・ご要望

旅行条件(ご予約の前に必ずお読みください)

標識・各種約款、その他

プライバシーポリシー